Eコマース オムニチャネルCRM運営代行開始

Eコマースのコンサルティング、システム開発を行うフォースター株式会社 (本社 浜松市中区 東京オフィス 東京都新宿区 代表取締役:川連一豊)は、2017年5月29日(月)Eコマース、オムニチャネルCRM運営代行を開始いたします。

CRMは、コストセンターになりそうな背景ですが、本来はそうではありません。
一度エンゲージできたお客様とのつながりはまさにCRMにあると言っていいでしょう。

実際には、CRMを行うためにクーポンを発行したり、ポイントを倍付けしたりするため、コストセンターのようなイメージを持っている経営者は少なく有りません。

しかしながら、LTV(ライフタイムバリュー)を考え、しっかりした分析のもとにサイト価値、顧客価値を考えながら、それに基づいて戦略を立てPDCAを行うことでロイヤリティの高いお客様を育て、ファン化することが出来ます。

CRMを考える上で、今実際に起きていることをしっかりと仕組み化することが重要なことであり、CRMやLTV有りきで考えるのは筋では有りません。

しかしながら、CRMやLTVと言うシステムや従来のノウハウで組み立てる仕組み化、内容であれば、別に有りきで考える必要は有りません。
参考にすれば良いとかんがられます。

フォースターでは、17年間のCRMの実績を元に、ECショップやオムニチャネルのCRMの戦略を考え、実際の運用を行ってまいります。

CRMを行う上で、システム化やCRMストーリーも必要であるため、こういった戦略からスタートすることも可能です。

メニューを閉じる
フォースター株式会社