AI人工知能システムコンサルティング AI System Consulting

サービス概要 Concept

クラウドコンピューティングや高速・大容量通信技術が普及し、ビッグデータやディープラーニングが活用できるようになったことをうけて、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術が急速に進歩すると同時に我々の生活に身近な存在になりました。

Eコマースの分野においても、潜在顧客の誘導、顧客ニーズにあった商品の選定、物流の効率化などにAIは活用されつつあります。しかし、多くの企業では「難しい」「ストーリーを作るリソースがない」などの理由からAIを十分に活用できていません。

そこでフォースターではAI人工知能システムコンサルティングのサービスを始めることに致しました。私たちはEコマースやオムニチャネルの運用・コンサルティングにおいて豊富な実績を持つだけでなく、AIエンジンの実装をワンストップで支援する体制を敷いております。視覚的な会話を介した画像ベースのリアルタイム接客や顧客ニーズにあった商品の選定を実現することにより、お客様のリピート率を高めます。

AIの進化とその背景 Artificial Intelligence

この数年でAIは我々の生活に身近な存在になりました。後述するように、Eコマースの分野においても、潜在顧客の誘導、顧客ニーズにあった商品の選定、物流の効率化などにAIは活用されつつあります。

AIが急速に進化した背景としては、クラウドコンピューティングや高速・大容量通信技術の進歩により、ビッグデータとディープラーニングが活用されるようになったことが指摘されています。
ビッグデータとは、リアルタイム性のある構造化されていない大規模データのことです。ビッグデータに含まれる膨大な事例をAIに学習させることで、人間が答えをプログラムせずともAIが自らパターンを学習していくようにする技術を機械学習と呼びます。
ディープラーニングは機械学習の一分野です。これまではデータ分析を行う際に、注目すべき特徴を人間があらかじめ設定していましたが、ディープラーニングでは人間の脳の神経回路に似たネットワーク技術を利用することで、何に注目してデータ分析を行うかという特徴そのものをAIが自ら作り出して学習します。これにより、画像に何が映っているのか、人間が何を話しているかなど、これまで困難だった柔軟なデータ処理が可能になりました。

EコマースにおけるAIの活用事例 Using Artificial Intelligence in E-commerce

EコマースにおけるAIの活用事例としては以下のようなものがあります。
  • AIが実店舗やECサイトの購入履歴や在庫の状況を照合することで売れ筋商品と需要の予測を行い、無駄のない発注案を提案するシステム。
  • 人間が入力したテキスト形式の商品データをAIが自動的に多言語へ翻訳するシステム。
  • 消費者が商品の画像をアップロードすると、AIが画像に映る商品を認識した上で、コーディネートや類似商品を提案するシステム。
  • 消費者がメーク商品を選択し、自分の顔をスマートフォンのカメラで読みこむと、AIがメークの仕上がりを表示するシステム。
  • 消費者がファッションに関するアンケートに答えると、AIがその人にあったファッションアイテムを提案するシステム。
  • ECサイトにおいてAIが顧客の質問に応えるチャットシステム。AIが顧客の質問や回答を学習することで、回答の精度や質が向上していく。
  • ECサイトにおいて音声操作に対応したAIがスマートスピーカーを通じて顧客の注文を受けるシステム。
  • 過去の出荷情報をもとにAIが倉庫内の最適配置を計算し、商品棚を動かしてレイアウトを提案するシステム。
  • 運送ドライバーの位置情報、道路状況、気象情報などをもとに、AIが配送時間の誤差を最小化すると同時に配送能力の最大化を図るシステム。
  • 過去の出荷情報、商品価格、気象情報などをもとに、AIが商品の入出荷量を予測し、従業員の最適配置を提案するシステム。
つまり、AIは人件費・物流費・広告費・時間など商品の販売に付随するコストを削減することで効率性を高めるだけでなく、顧客への商品提案など新しい付加価値も創造する力があります。

フォースターの強み Our Advantage

IBMワトソンやSentient.aiなどのAIエンジンが発達し、Eコマースにおいても活用されるようになりつつあります。しかし、多くの企業では「難しい」や「ストーリーを作るリソースがない」などの理由により、AIを十分に活用できずにいます。AIを導入した場合にも、検索エンジン程度のシナリオ作りしかできないケースや、かえってブランドイメージを悪くしてしまうなどの事例も出てきております。そこでフォースターでは、AI人工知能システムコンサルティングのサービスを始めることに致しました。

フォースターには17年間のEコマース実績、12年間のEコマース・オムニチャネルのコンサルティング実績、そして、Eコマース年間流通額1700億円を達成したノウハウがございます。また、コンサルティング、戦略策定、マーケティング、システム構築、各種サイト構築から運用にいたるまで各分野についてワンストップで支援する体制を敷いています。
フォースターではこれまでの実績とノウハウ、体制をもとに、AI人工知能エンジンを用いてEコマースやオムニチャネルのための接客ストーリーを創ることができます。このストーリーをもとに、AIエンジンを実装し、お客さまにあった接客が出来るようになります。テキスト検索や各種フィルタを排除し、視覚的な会話を介して画像ベースのリアルタイム接客を実現します。また、顧客ニーズにあった商品の選定など、個々のお客様に合わせた接客を実現することによりリピート率を高めます。
クライアント様がなぜオムニチャネルを実践していくのか。そこを徹底的に考えながらオムニチャネル化をサポートします。
長年にわたりメーカーで自社製品を企画・製造・販売して培ったノウハウをもとに、Eコマースコンサルティングサービスを行います。
ネットのおもてなしの提唱者である川連一豊のノウハウをもとに、ネットのおもてなしコンサルティングサービスを行います。
中国の越境EC市場は大きな魅力ですが、ビジネス上の課題やリスクもあります。最新事情に精通したフォースターが進出をバックアップします。
EコマースにAIを活用することは業務を効率化させるだけでなく、新しい付加価値の創造にもつながります。
メニューを閉じる
フォースター株式会社