MWC19バルセロナに参加してきました

2019年2月25日から28日に行われたMWC19バルセロナに参加してきました。Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス)という名前の通り、モバイル(日本ではスマートフォンを指している)を中心とした勉強会と展示会です。今年から正式にMWC19バルセロナというイベントになりました。モバイルという名前を外したことになるのですが、モバイル中心に世界は動いていると言ってもよいほど影響力のあるツールであることは間違いないですし、モバイル周りを見ると本当にいろんなサービスやソリューションが盛り沢山です。

今年も10万7000人を超える参加人数で、コンベンションセンターのフィラが巨大にもかかわらずあちこちが大混雑です。役員クラスのCレベルの参加者も多いことで有名なカンファレンスになっています。今年も5Gを中心に、AIやIoT、VR・AR・MRなどの展示やセッションが多くありました。一部ですがここで紹介したいと思います。

MWC19の様子

会場のバルセロナFila。巨大な展示場で隅から隅まで直進だけでほぼ20分掛かる。第1展示から第8展示まである。

今年から顔認証システムが登場し、アプリに登録してあるとあっという間に会場入り出来る。私の顔認証はエラー無し。1秒もかかっていない。顔認証システムはさまざまな出入り口に用意された。

5Gがスケジュール通り進んできていよいよ本格展開に。今年のMWC19も5Gのオンパレード。

AIはもはや無くてはならないものに。いろんなサービスやツール、システムに使われている。

IoTの展示も多い。車や船、街そのものもIoT化。

IoTやAIなどにより、データもBigDataに。データをどうさばくのかも重要な課題。

IOCのトーマス・バッハ会長 残念ながら日本の話はトヨタのみ。ドコモやKDDIの話は一切なし。しかも東京オリンピックでは5Gで展開する話になっていた。日本は間に合うのか?

ポケモンGOでお馴染みのNIANTIC。今年も社長が登壇。

ポケモンGOは今や1億インストール、150カ国以上。

ポケモンGOのハリポッター版がまもなく登場。

NIANTICのリアルワールドプラットフォーム。リアルのプラットフォームを構築できているのはとても強い。

ポケモンGOのリアルイベント。5Gを使って行った。

4Gと5Gでイベントの内容がかなり充実したとのこと。今後のリアルイベントは5Gが必須か。

NIANTICの新しいゲーム。これはかなり爆発的に流行りそうなゲームになりそう。

データが多いことから、セキュリティにも気を遣う。セキュリティは今後かなり重要なファクターになる。

平昌冬季オリンピックで5Gを使用した事例発表。韓国は日本よりも先に2019年3月から本格的に5Gサービスを開始する。技術的にもかなり日本は遅れている。

5Gは、BtoCよりもBtoBで使われるだろうというスライド。MWC19に参加していたいろんな方からも同様の意見が出ていた。

工場も5Gで大きく変わる。

BMWのセッションは、速いサイトが結局コンバージョンが良いという発表。展示会場でもBMWのブースは人気があった。

VIVEのスライド。VRの展開が早い。デスクトップ型も発表していた。

学校教育や医療の現場でVRが生かされる。

ユニバーサルのSNS展開。こんなにも売れる理由の一端を話してくれていた。かなり細かい展開だなという印象。

曲がるスマートフォンの展示は、HUAWAIもGalaxyも展示のみで、触れなかった。プレスには触れるようにしたが、展示ブースではいっさい出来なかった。22万や28万円の曲がるスマートフォンだが、売れるのだろうか?ちょっと疑問。

ソニーのエクスペリア。従来よりも長い形状のスマートフォンを発表。きれいな印象だったがtwitterのツイートで話題になるほどの内容とは思えず。ソニーは曲がるスマートフォンよりもやることは他に多いということで曲がるスマートフォンはしばらく出さないと見られる。

CESでも話題になったスマートミラー。鏡でいろいろやりたくなるのか?

個人的にはかなりガンバっている感じを受けたマイクロソフトブース。

倉庫で使えるIoTのシステム。

倉庫のパレット移動を自動で行う。

マイクロソフトが出したホロレンズ 長い行列が出来ていた。VRよりもホロレンズのほうが普及しそうなイメージを持った。

個人的にかなり使えそうなKinect。これはかなり楽しみ。

マイクロソフトのKinect。関節を自動で判別できる。

チャットボット系の展示も多かった。

ZTEのロボットブース。ピアノ演奏やドラムを叩いていたが、個人的にはもっと出来ると思う。ピアノの2つ指演奏はイマイチ。

自動体測定ロボット こちらも行列ができていた。動きが変わっていておもしろいが、処理速度が遅いイメージ。日本の自動ささげ機の方が良いと感じた。

5Gの展示はあちこちにある。

針を通すロボット。繊細な動きが出来る。

NECのブース。5Gについてしつこく質問してしまった。写真はデジタルID管理システム。

5GにこのQualcomm社の話は避けて通れない。5G端末はほとんどこのQualcomm社になっている。Appleはインテル社なので、5Gはアンドロイドが先行になることは間違いない。

ドコモの5Gブース。残念ながらスカイツリーにある展示とほぼ同じ。

シャオミの5Gブース。

今回から自動翻訳モニターがあって分からないところはこちらでチェックできた。しかし会場の隅に有りすぎて、肩が凝ってしまった。

楽天のブース。5Gモバイルネットワークの実機も展示していたためか、プレスを中心に人が多くいた。

楽天の三木谷さんのセッション。ギリギリでスライドを作ったのか珍しくモニターを見る時間が長かった。

これが今回目玉の楽天モバイルネットワーク。クラウドベースのアーキテクチャと5G対応で作られた楽天モバイルネットワークのブレークスルーを発表。RedHatも参加するという。

メニューを閉じる
フォースター株式会社