Eコマースサミット2019シンガポールに参加

E-Commerce World Summit 2019 held at the Singapore Expo

シンガポールEXPO会場外観

今回は、シンガポールで開催されたIoTとラストワンマイルのカンファレンスに招待されてスピーカーとして参加いたしました。このイベントと一緒にEコマースサミット2019シンガポールが開催されました。

パス川連一豊

香港EC協会さんとお会いして約2年ですが、香港EC協会さん推薦で講演してきました。

今回の内容は、日本でよくお話している内容で日本のEコマースの状況や越境ECの状況、そしてセキュリティの状況について講演いたしました。

登壇中の様子

どちらかというと、私自身は東南アジアのEC状況を知りたかったのですが、正直言ってかなりの勢いで東南アジアのEC化、オムニチャネル化が進んでいます。日本はうかうかできないです。

IoT ASIA の看板
IoT看板

IoTがメインのカンファレンスなのでIoTやAIのブースもセッションも多く、IT化がかなり進んでいるイメージはあったのですが、ECやCRM、MAの話も多く日本のEコマースよりも進んいる、さらに進み始めた感じを持っています。

アリババブース
SIEMENSブース
台湾ブース
倉庫内ロボット動画

特にシンガポールはEC化率8%と5年前、3年前と比べて格段に進んでいます。
理由としては、やはり時短で配送網もしっかりしているのが特徴です。
日本よりもEC化率が大きくなっているのが驚きです。

初めてGrabも使用しましたが、Uber同様使いやすくドライバーの方もやさしいです。
Grabは、フードデリバリーも行っていますし、融資も行っています。
シンガポールではシェアダントツ1位になっています。

シンガポール市内オーチャード

カンファレンスでは、隣にMagentoの方が座っていたのですが、同じテーブルの方が MagentoとShopfyの違いについて質問したり、AWSではなくAzureだったり、中国ではアリクラウドを使ったほうが良いとか、かなり突っ込んだ話題を話していました。
もちろん、Magentoが重くて困る話もしました。

ということで、講演することで、シンガポールや東南アジアのさまざまな情報が手に入り、人的ネットワークもかなり広がりました。シンガポールのJETROにも訪問し最新の情報も仕入れてきました。
JETROが推進するジャパン・モールもとても期待しています。

JETROシンガポール入り口

とても感謝しております。

フォースター 川連一豊

メニューを閉じる
フォースター株式会社